自己実現をやめると視界が開ける

今回はフリーランスのことを意識した記事です。
自分だけの利害を考えていると、収入の面でも生活の面でもやがて限界がくるよってお話。

よくよく考えてみれば当然のことなんですが、社会に限らず自然界や世に存在する物事は全て「相互補完」の関係で相対的に成り立っている状態が自然なんです。

きっとこれを読んでくれている人の中にも身に覚えがあると思います。
本気で人のために何かをする時ってどこからともなく大きな力が湧いて来るもので、そして、それはちゃんと自分に返って来るようにできているということです。

はじめはの内は利己的に自分の利益や保身、はたまた夢の実現なんかに意識がいってしまうものかもしれません。
でもそれが悪いと言っている訳ではないのです。それは結構なことだし、当然だと思うからです。
ただ、

「自分のためも良いけど、それってすぐに飽きませんか??」

とここでは言いただけなのです。
要するに遊び続けられないんです。

デザインなどに限らず、ビジネスってのは人に何かを与えることが根本的な原理だと思います。
それがとても複雑化していたり、頭の良い人たちによって効率化されているからわかりにくいだけで。

ビジネスの面白さってのは、実はたくさんお金を得られることにある訳じゃなくて、ビジネスという行為そのものに面白みがあるのです。
それはなぜかというと、

「どうやったら社会や目の前の人たちを豊かにしてあげられるだろう」

と考え行動して結果を出していくことで人に喜んでもらえたり、褒めてもらえたり認めてもらえたりするからそれが楽しいのです。
それらの価値交換を円滑に回す血液のように「お金」ってものが流れているだけで、お金ってのは「信頼」という血管に流れます。信頼関係がないところに経済は生まれません。
そして、その血管の血圧をコントロールしてるのはいつも人の心なんじゃないかなとそんな気もします。

理屈抜きに、人は稼がないと生きていけません。
でも、稼ぐことって実はそんなに難しいことじゃないし、息をするようにできること。

だけども、自己実現と収入。
この両者は時に相いれずに反発しあったりします。

「やりたいことのために今はバイトをして生活してます」

なんていうのはそのわかりやすい例。
どうして、やりたいことがあるのにそれとは関係のないことで、しかも時間をたくさん使って少ないお金を稼がないといけないんだろう??
その答えは簡単で、

「自分のやりたいことが人の役に立ってないから収入にならず」
「人の役に立つ誰にでもできる仕事をしている」

からではないかなと思います。
いってしまえば簡単なことです。だけども、こういうことから抜け出せない人は意外と多い。
実はバイトして空き時間でやりたいことをやってる時点から負のスパイラルに入ってしまっているんです。でも、渦中にいる本人はそのことに後で気付いたりするから難しい問題です。
だけども、こうした負のスパイラルから抜け出す方法は、実は簡単で

「自分のやりたいことで人の役に立つにはどうすれば良いか」

を頭から血が出るほど考えて、そして実行することなのです。
そのためには自分ではなくて人に自分が何を与えられるのかを考えないと先は見えてこない。
考えるべきことは

何をやりたいか、
ではなくて
何で人の役に立ちたいか

なのです。

「自分は何で人の役に立ちたいんだろう??」

自分に対する質問を変えてみることで視界は開けることがあります。

自分のことだけを考えていると、やれることの規模にも限界がきます。自分さえ良ければ良いのだから変な話、生涯生活できる程度の貯金(3億円くらい?)あればリタイアしちゃう訳です。自分のことしか考えてないと結局そういう狭い思考回路になっていきます。

でも、より社会を豊かにしたい。人々を幸せにしたい。と思っていると、収入や貯金よりも「キャッシュフロー」に関心がいくようになります。
どのようにキャッシュを流すことで人々が幸せになるのかって考えるようになり、貯金通帳を眺めている時間が減り、周りの人に会う時間が増えていくんじゃないかなと思います。

関連記事

  1. 精度を高めてトリガーを引きまくる

制作実績一覧

記事カテゴリー

PAGE TOP